スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本がきました

アマゾンって便利ですよね。

今回購入した本はすべて中古品でした。

DSC_0158.jpg

DSC_0161.jpg


これだけ買って3000円ちょっと。十分リーズナブルです。
品質もGoodでした。

さて。先日レポした『めくりめくる』ですが、
2巻の初回限定版の表紙が違っていたので、もしかして
何か追加ストーリでもあるのか?と通常版と初回限定版の
2冊を購入してしまいました。

DSC_0159.jpg

ら。。。中身おなじやん。(爆)

とりあえずオフィシャルガイドブックがついていたから良しとしよう。

で。その中身なんですが。
お話そのものはオムニバス。いろいろな設定でそれぞれにストーリが
進行するというものでした。

DSC_0160.jpg


それぞれのストーリ: 全部高校生が主人公。

あれ? けいおん!と同じコンセプト??

宇宙人も未来人も超能力者も出てこない、ごくごく平凡な
どこにでもある物語。それがオムニバスで進む。

うーん。キライじゃないですねこういうの。

あの頃の悩みって、今にして思えば何てことないものばっかりですが、
当事者たちにしてみれば真剣そのものです。

ほのぼの~

と言うか、年取っただけか(笑)

読んでるとホンワカしてきます。

そしていずれは倉敷の美観地区へ行ってみようと思いました。まる。



さて。これ(↓)ですが。
DSC_0161.jpg
これだけ少し毛色が違います。
内容はコンサルタントが書いた、まあ、会社再建の教科書みたいなものですが、
ストーリ仕立てになっていてなかなか楽しめます。
現在、『経営パワーの危機』を読み始めたところ。
このシリーズについてはまた機会を改めて何か書きます。


もう一冊。『美容院と1000円カットではどちらが儲かるか?』
実はこれは前作があります: 餃子屋と高級フレンチではどちらが儲かるか?
これも内容は会社再建をテーマにしたもので、会計学の教科書です。
面白い。

昨今はドラッガーがだいぶもてはやされてますが、マネジメントだけでなく、
管理会計も面白いですよ。

とまあ。一足早く始めた読書の秋を満喫中のまあくでした。

おやすみなさい。まる。
スポンサーサイト

煙草

昨年秋、10月だっけ?にまとめ買いしたタバコ10カートンがいよいよなくなりました。

予定より少し早かった・・・あと1ヶ月くらい持つと思ってたので。
社内プロジェクトでタバコが増えたかな~ と言い訳言い訳(笑)


さて。そんな訳で。ディシジョンポイントです。

これをきっかけにやめるか。410円払い続けるか。

うーんうーんうーん。


悩み中

取り敢えず一服して考えるか(爆)

どうもタイトルが似たようなのだとダメらしい 『一週間前のはなし(3)』

最後はネタものです(笑)

コミケに行ったら必ず買います。

『日常生活で実用になるもの』


と言う訳で、写真のTシャツとタオルになるのです。

ぜんっぜん、説明になってませんね(笑)

■『切られた』Tシャツ
DSC_0130.jpg

DSC_0131.jpg

電話でお話中にガチャンと無常にも電話を切られてしまうと言う、哀愁漂うTシャツです。

■『4コマ』Tシャツ
DSC_0132.jpg

DSC_0133.jpg

うん。よくわかんない(笑)

■『うみねこのなく頃に』Tシャツ
DSC_0134.jpg

DSC_0135.jpg

まあ。無難なところでしょうか。(どこがじゃ?


■『難しい漢字』のタオル
DSC_0129.jpg

読めますかぁ?(笑)

■『お疲れさま』なタオル
DSC_0128.jpg

大変だよね。徹夜。ワタシももう若くないので無理です。


さて。コミケレポはこれでおしまいです。

次はちょっと毛色の違うお話でも。

同じタイトルだと投稿できないのか? 『一週間前のはなし(2)』

ここ2,3日、急に涼しくなりましたね。
もう秋?

さて。

今回はコミケではちょっと珍しい風景のお話です。

なんと。

大学の文学部が出展してました。


・・・吃驚(゚д゚)!

東大、国士舘大学、武蔵大学、上智大学、東京農工大学・・・などなど
すごいなぁ。大学の文学部までコミケに出展する時代なんだ。
感無量の思いでございまする。まる。


で。何冊かテキトーに(失礼!)選んで買って参りましたw

価格設定も良心的です。1冊200円とかだし。


■国士舘大学
DSC_0123.jpg

■左から武蔵大学、上智大学
DSC_0125.jpg

ちょうど涼しくなってきましたし、一足早く読書の秋と参りましょうか。

寝る前に1話ずつ。楽しみですなぁ~

一週間前のはなし(1)

要はコミケのレポです。

だいぶ時間が経ってしまいましたけど、順番に。

時間を追ってのレポは例年通りです。と言うかそれ自体に何らの変化もありません。
とにかく熱かった。違う。暑かった。

ちょっと前の日記にテーマ別で・・・と書いたような気がします。

と言う訳で。今回はこれ: 岡山県からの出展 『めくりめくる倉敷』

そもそも、なぜ県がコミケに?と言う疑問はありましたが、思えば何でもアリなのが
コミケでもあります。

どうやら、めくりめくると言う倉敷を舞台としたコミックがあるようです。

http://shop.wani.co.jp/search.php?search=on&category=30&keyword=%E3%82%81%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%82%81%E3%81%8F%E3%82%8B

このお話は未読なのですが、どうも倉敷に住む高校生が繰り広げる日常のようです。

http://www.comicgum.com/MM_kurashiki.php

あれ? このノリって、けいおん!とか、ハルヒと同じじゃね?

・・・流行り?(笑)

キライじゃないですね。こういうの。

と言う訳で。取り敢えずコミックの購入でもしようかと思索中。

そうそう。この出展を見たとき、そこにとある地名が出ていたですけどね。
これまたとあるマイミクさんが在住されてるところで、
ぼーっとしたアタマでついつい電話をかけそうになりました(笑)




さて。今回、この話のレポを書いていて思ったことがひとつあります。
ある特定の場所を舞台とした物語と言うのは、妙なリアリティがある、というものです。

倉敷の物語がどんなものかは分かっていませんが、きっと楽しい話なのでしょう。

一方で、ここ長野県を舞台にした病院の物語もあります。
こちらは小説。

リアリティがありまくりで、読んでいてついつい入れ込んでしまうのです。

詳しくは後日書こうと思っていますが、最近、本屋でよく見かけますので、
こう書けばああ、あの本かと合点がいく方もいることでしょう。

ちなみにその物語は今月末に映画化される模様です。うわ、すごいヒントだ(笑)

テーマにぴったりだったので、ちょっとだけ触れておきました。


今日はこんなところで。

アルペジオ再び

先日、クラブの仲間を巻き添えにして行って来ました。

やっぱり、いいねぇ!

arpeggio_20110818204812.jpg
プロフィール

まあく

Author:まあく
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。