スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間前のはなし(1)

要はコミケのレポです。

だいぶ時間が経ってしまいましたけど、順番に。

時間を追ってのレポは例年通りです。と言うかそれ自体に何らの変化もありません。
とにかく熱かった。違う。暑かった。

ちょっと前の日記にテーマ別で・・・と書いたような気がします。

と言う訳で。今回はこれ: 岡山県からの出展 『めくりめくる倉敷』

そもそも、なぜ県がコミケに?と言う疑問はありましたが、思えば何でもアリなのが
コミケでもあります。

どうやら、めくりめくると言う倉敷を舞台としたコミックがあるようです。

http://shop.wani.co.jp/search.php?search=on&category=30&keyword=%E3%82%81%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%82%81%E3%81%8F%E3%82%8B

このお話は未読なのですが、どうも倉敷に住む高校生が繰り広げる日常のようです。

http://www.comicgum.com/MM_kurashiki.php

あれ? このノリって、けいおん!とか、ハルヒと同じじゃね?

・・・流行り?(笑)

キライじゃないですね。こういうの。

と言う訳で。取り敢えずコミックの購入でもしようかと思索中。

そうそう。この出展を見たとき、そこにとある地名が出ていたですけどね。
これまたとあるマイミクさんが在住されてるところで、
ぼーっとしたアタマでついつい電話をかけそうになりました(笑)




さて。今回、この話のレポを書いていて思ったことがひとつあります。
ある特定の場所を舞台とした物語と言うのは、妙なリアリティがある、というものです。

倉敷の物語がどんなものかは分かっていませんが、きっと楽しい話なのでしょう。

一方で、ここ長野県を舞台にした病院の物語もあります。
こちらは小説。

リアリティがありまくりで、読んでいてついつい入れ込んでしまうのです。

詳しくは後日書こうと思っていますが、最近、本屋でよく見かけますので、
こう書けばああ、あの本かと合点がいく方もいることでしょう。

ちなみにその物語は今月末に映画化される模様です。うわ、すごいヒントだ(笑)

テーマにぴったりだったので、ちょっとだけ触れておきました。


今日はこんなところで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まあく

Author:まあく
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。